介護施設には欠かせない機器|セコムAEDサービスの特徴とは

ハート
  1. ホーム
  2. 安心な施設を目指して

安心な施設を目指して

シニアと看護師

看護師をサポートする機器

安全な福祉施設を目指すために看護師を常駐させる施設が増えていますが、AEDを設置すればより安全性を確保できます。AEDとは自動体外式除細動器と呼ばれており、胸にパッドを設置することで自動的に心臓の状態を検知し、必要に応じて電気ショックを与えて新停止を抑止してくれます。様々な状態の方が集まる福祉施設に欠かせない特殊機器として活用されています。特に便利なのがセコムのAEDサービスでしょう。セコムはAEDレンタルパッケージサービスを提供しており、福祉施設の運営者からも注目されています。レンタルサービスでは、手軽な月額負担をするだけでメンテナンス費用も、盗難・故障トラブル、使用した跡のメンテナンス費用も全て無料になので、万が一の事態でも安心して使えます。定期的なメンテナンスは福祉施設のスタッフの手で対応できるので簡単です。具体的にはセコムから定期的に送られてくる消耗品をAED本体に設置するだけなので、機器に詳しくないスタッフ担当者でも簡単にメンテナンスできます。最も嬉しいサービスが24時間365日利用できるオンライン管理サービスでしょう。AEDとセコムを直接ネットワークで結ぶことで、消耗品や機器の異常にも対応できるため、いざという時に使えないと言ったトラブルへの不安をなくしてくれます。また緊急時に確実に扱うスキルを身につけるために、セコムAEDスキルアップサービスを提供しており、必要に応じてトレーニングを受けられます。福祉施設にセコムAEDを設置すれば、看護師だけでなくスタッフも安心して勤務できることでしょう。